ツインテールにしてみたり

ジャニーズが好きな雑食アイドルヲタクのブログ

#秋元康カルタ やってみました。

 

みーおんのインスタのストーリーを見てたヲタク「私も秋元康カルタ興味ある!!!!」

 

ということで検索してどういったものなのかを拝見したところめちゃくちゃツボでした。

内容が確認できてからすぐ私もやるう!!と思ったので人様の投稿は見ないようにし、そして昨日私もカルタチョイスが終わりましたので投稿しようと思います。

 

あなたがいない長い夏よ 受験勉強に裂かれた悲しき2人

( 直角Sunshine / AKB48 Team4)

今はあいつのガールフレンドと分かってるのに誘ってごめん

( Only today / AKB48 TeamA )

打ち上げ花火は悲しいね はかなすぎて

( 僕の打ち上げ花火 / AKB48 TeamK )

遠距離ポスター 近くにいるのに 君は切ないほど手が届かない

( 遠距離ポスター / AKB48 (チームPB) )

大人列車君は1人乗り込み 違う世界へ

( 大人列車 / HKT48 )

片思いを唐揚げにしよう 考えすぎは苦しくなるから

( 片思いの唐揚げ / HKT48 (あまくち姫) )

君のいない世界は無意味

( ずっと ずっと / AKB48 TeamA )

クラスメイトと待ち合わせてなんで切ないんだろう?

( 昨日よりもっと好き / AKB48 (Smiling Lions) )

携帯かじかむその手で触れたけど 愛は圏外だった

( 冬将軍のリグレット / NMB48(難波鉄砲隊其之弐) )

言葉を湯煎して 愛を混ぜたチョコ

(ホワイトデーには・・・ / AKB48 TeamK )

サヨナラは永遠のI LOVE YOU

( 君しか / ノースリーブス )

視聴覚室から教室へ戻る時 君がちょうど横に来た

( 夏の前 / HKT48 TeamKIV )

好きな人がいる女の子ってわかりやすい

( ペディキュアday / ノースリーブス )

切なさは切なさのまま 愛おしい花であればいい

( 恋を語る詩人になれなくて / SKE48 TeamS )

空色のワンピースは誕生日にあげたもの

( 抱きしめちゃいけない /AKB48 (アンダーガールズ) )

誰も気づかないイントネーションに 一瞬故郷の空が目に浮かんだ

( 思い出せてよかった / STU48 )

着信の履歴の数だけ そうあなたのシンキングタイム

( 既読スルー / HKT48 TeamH )

次の機会に今日の天気予報話振ってみよう

( ペラペラペラオ / Not yet )

手の届く枝になった林檎は 君じゃない誰かも手を伸ばす

( 高嶺の林檎 / NMB48 )

どうせ僕らの喧嘩は10分も持たないだろう

( キスが遠すぎるよ / HKT48 (ダイヤモンドガールズ) )

夏のキスはずっと残る 日焼けがそばかすになるように

( そばかすのキス / AKB48 TeamB )

人間の感情なんて理屈では止められない

( Dear my teather / AKB48 TeamA )

濡れた頬が 木枯らしに晒されて 涙が溢れて止まらない

( ハートが風邪を引いた夜 / AKB48 (ひまわり組) )

ねえ大人になって忘れていた その夢が叶うってあるんだよ

( 希望の海流 / HKT48 (あまくち姫) )

のんびりと景色を眺め ドキドキするのが楽しくて

( 47の素敵な街へ / AKB48 Team8 )

バレンタインデーは恋の期末テスト

( チョコの奴隷 / SKE48 )

陽射しのような5秒の片想い

( チャイムはLOVE SONG / SKE48 TeamS )

文化祭の片付けをした夜 冗談っぽく1度だけ微かにキスをした

( カトレアの花を見るたびに思い出す / NMB48 TeamN)

勉強ばかりじゃだめになるよ

( 偉い人になりたくない / AKB48 TeamK )

舗装されてない道のように 楽じゃなかった今日まで

( 初めての星 / NMB48 TeamN)

まだ消えぬ愛はこの砂浜に置いて行く

( 抱きしめたいけど / 山本彩 )

未来なんか見えなくたってキスをしよう

( 友達でいられるなら / 島崎遥香横山由依 )

夢中になれるってなんて幸せなんだ

( 生きることに熱狂を / AKB48 Team8 )

芽生えた愛しさは太陽が育てる

( 青空片想い / SKE48 )

もう1度言わせるつもり?私勇気出したのに

( ショートケーキ / 柏木由紀 )

焼き餃子も水餃子も今の私にはどうでもいいのに

( いつか誰かが好きだと言ってくれる日まで  / STU48 )

友情は大切だし争いごと苦手だけどごめんね

( 性格が悪い女の子 / AKB48 (フューチャーガールズ) )

夜よ 僕を詩人にするな

( 暗闇 / STU48 )

ライト点ければ 夜が味方になる

( 黄昏のタンデム / HKT48 )

Listen 波音は恋のオルゴール 素敵な真夏のメロディー

( 波音のオルゴール / HKT48 )

留守電だけが繰り返す 気づいているの?気づいてないの?

( 愛の色 / AKB48 TeamK )

列車の窓流れる景色 過ぎた日々が重なって行く

( 卒業旅行 / NMB48 )

ロッジの窓辺で1人きりぽつんと 銀の斜面を見てたら寂しくなった

( ロマンティックスノー / NMB48 TeamBII )

私への愛で満杯 無駄なことをしなくていい

( 妄想マシーン3号機 / NMB48 TeamBII )

 

わーーーー!!!!達成感!!!!!

みなさんどうやって選んだのか分からないんですが、私は好きな曲の歌詞を調べてここが好きだなって思うところを並べて一つずつ埋めていったのですごく時間がかかりました(笑)

秋元さんの歌詞で好きなものってたくさんあったのでこの文字にはこっちを入れるか?こっちを入れるか?って悩んだりして☺️💭

個人的にストーリーのようになって進んでいく歌詞が好きなんですけどそういう曲って上手くカルタ的に切り取れなくってむずむずしました。

せったくだったら入れたかった!っていう曲が沢山ある!というか入れたのも全部曲いいから聞いて!ってなる!

だからといって入れられた歌詞もこの前後が重要でとか最後にオチがあってとか補足したいのがたくさんあって😭それほどいい曲がたくさんってことです😭笑

 

自分で頭に色々と歌詞を浮かべていて思ったのは「唐揚げ」とか「餃子」とかちょっと並びに違和感を感じるようなワードが頭に残って好きだな〜と思ったこと!

片思いの唐揚げ」はフォローのしようがないくらいのトンチ曲(なのに可愛い)なんですけど餃子が出てくる「いつか誰かが好きだと言ってくれる日まで」は餃子って出てくるだけで曲の中の世界を想像してたのが一気に現実味を帯びる感じがして餃子なのに可愛くて(笑)お気に入りです。ちなみに失恋曲です!🤯

ちなみに「バンザイVenus」の「カートはトイレットペーパーだらけ きっと安売りで買い込んだんだね」って歌詞とかどんなだよ!って思うけどそれでもリアリティ感じちゃうからずっと残る好きな歌詞です😢さすがに入れなかったけど!😢笑 

 

でもずらっと歌詞を並べてみて、て〜と の高嶺の林檎の力強い歌詞から一転「僕らの喧嘩は10分も持たないことくらい知ってる」な男の子目線の幼馴染感ある甘い歌詞が高低差ありすぎてすこってなる。すこ。

 

この曲が好きで〜とか並べてたらキリがないから別記事にすることをオススメする(私に)

 

私の秋元康カルタ見てくださってありがとうございました〜。

 

雑食アイドルヲタクが2018年よく聞いたアイドルソング10選 (後編)

 

ぜひ前編も合わせてご覧下さい〜!

雑食アイドルヲタクが2018年よく聞いたアイドルソング10選 (前編) - ツインテールにしてみたり

では後編残り5曲!!!

 

 

6. 僕らの制服クリスマス / =LOVE

2017年リリース シングル「僕らの制服クリスマス」表題曲

選出理由:そもそもクリスマスソングが好きな中推しが作詞したこの曲がアイドルソングとして秀逸過ぎた。

「僕らの制服クリスマス」は去年のリリースなんですけどこの1年断続的にずっと聞いてた。なによりこの曲は私的アイドルに生まれ変わったら歌いたい曲でかなり上位に食い込む曲で何がいいってソロパートの使い方が上手!さすが指原P!!!この人気順より歌唱力順でソロパートが割り振られてる感じがすごく好きで1サビの「これがきっと「幸せ」」と2サビの「僕のこのドキドキが バレないように」のパートはどこかの世界で=LOVEに加入してこのパート任せてもらえないかなってくらい好き!意味分からないけど!歌詞もすごく可愛くて「コンビニケーキ 冷めたチキン 完璧ではないけど」これがきっと幸せな2人の制服クリスマスが愛おしさマックスなので、きっと来年もたくさん聞くよ〜〜〜(T_T)

 

 

7. あやめ / 加藤シゲアキ

2017年リリース アルバム「NEVERLAND」収録曲

選出理由:また新しい曲からの影響を受け方をしたなという印象。遅ばせながら世界観にハマる。

この曲はお恥ずかしながら横アリで松村北斗くんがソロで披露したことをきっかけに今年初めて知ったんですが、こういうバッチバチに世界観をはめてきて観ている人を引きずり込むような雰囲気が大好きで、私は時に演技をするようなパフォーマンスができる人が大好きなんですけど「あやめ」はそれを見せてくれる最高の楽曲だなと思いました。加藤さんのパフォーマンスもライブDVDで見させてもらってきっと私はこの曲のほんの少ししか理解できていないのに心にグサグサとくる感じが新しい出会いだったなと感じます。加藤さんの著書は全部読ませてもらっているんですが残念ながらこれまでソロと出会ったことがなくて今少しずつ消化しているところです。「あやめ」もこういう解釈や受け取り方があるのかと調べたり、文学的な面で知識を深めたり新しい発見をすることが好きなので「あやめ」による心の充実感があって楽しかったです。

そんな「あやめ」をNEWSのメンバー3人がMCで思いっきりいじっていて腹がよじれるかと思うくらい笑ったのもめちゃめちゃ最高だった。「あやめ」を聞いてるとたまに私の頭の中のコヤテゴマスがふざけ出すので困ってます。加藤さんのパフォーマンス、北斗くんのパフォーマンス、コヤテゴマスのおふざけ3つの面を楽しませてくれた「あやめ」にありがとうな2018年でした、、( ᷇࿀ ᷆ )(笑)

 

 

 

8. 暗闇 / STU48

2018年リリース シングル「暗闇」表題曲

選出理由:今年たくさんSTU48の現場に出向きこの曲に何度も胸打たれたから。

2018年はSTU48のデビューシングル「暗闇」がリリースされた年でもありました。関西在住の私がすっと飛んでいけるような現場が豊富で今年はSTU48にたくさん会えた1年だったんですが、「暗闇」は何度聞いても好きだったなあ。STU48の「瀬戸内の声」「思い出せてよかった」「ペダルと車輪と来た道と」も水色の衣装がすごく似合っていて心がぎゅっと暖かくなる曲ですごく大好きなんですが、「暗闇」はもっと心の奥深いところにある曲でまだ垢抜けきれていない女の子たちが若いながらに考え葛藤する歌詞をパフォーマンスに乗せる成長段階が見られたような気がしました。彼女たちと同世代の私はぐっと引っ張られたような感じがしてはっとなったり。STU48は歌唱力が高いメンバーが多くて、侮ることなかれ!って世間に叫びたくなるくらい本当に多くて、もっとそれを生かせるパフォーマンスが出来るようになったら凄いことになるぞ〜なんて思っているんですが、「暗闇」のパフォーマンスだけを切り取っても私が生で見た初披露からめきめきと良くなっていて昨日のレコード大賞は新衣装ともすごく綺麗にマッチして感動しました。どんどん良くなってる。2ndシングルのMVも公開されてこれもまたすごく素敵な映像作品になっているから是非とも見て欲しい!「故郷」って言葉を何の気なしにチラつかせてくれるような見ているだけでポッと明かりを灯してくれるような女の子たちです。2019年も要チェックです!!!!!!

 

 

 

9.チャイムはLOVE SONG / SKE48 チームS

2010年リリース チームS 2nd Stage「制服の芽」劇場公演曲

選出理由:今年は「私立バカレア高校」や「黒の女教師」など学園モノを見る機会が多く「チャイムはLOVE SONG」みたいな青春送りたかった!!!と何度も思ったから。

チャイムはLOVE SONG」は学校に好きな人がいる女の子の気持ちを歌った曲なんですけど、なんの捻りもなくその女の子が学校でどんな風に彼を想っているかが丁寧に描かれていて少女漫画みたいなトキメキがあるので是非とも聞いてみて欲しい!!!特に私は今年「私立バカレア高校」の浅田哲也くんにどハマりしたので浅田哲也くんのいる学校でこんな恋がしたかった……ってめちゃめちゃ思った。向かいの校舎の2階左端の教室で窓際の席に座る浅田哲也くんが無意識に窓の外見た時目と目が合って5秒のデートをしたかったし、中庭挟んだ距離で風で声が届かなくても私はこの教室から見てるし、休み時間に窓に連なって騒いでいる男の子たちの中に浅田哲也くんいないな〜と思ったらチャイムが鳴り始めて席へと戻ってきてはっとしたいし理想の恋が詰まりすぎてる〜〜〜〜!!!バカレアだと休み時間に窓に連なって騒いでるの絶対達也と麻耶と聡とユウキと誠と祥平さんだもん〜〜〜!!!って具合に妄想して楽しんでました(笑)この曲自体も結構ド直球なアイドルソングで劇場公演曲ということもあり曲自体の厚みとかはそんなにないんだけどライトだけどおなかいっぱいみたいな(分かりにくい)、満足感がすごいのでスッキ!!!!!「手をつなぎながら」公演は他にも「手をつなぎながら」「ウィンブルドンへ連れて行って」「Innocence」など良曲揃い〜(T_T)「Glory days」の「あ〜〜〜〇〇が(〇〇ちゃん)カワイイ!」のコールのところジャニーズでもやりたい(いつどこで?)って思うくらいすごく楽しいのでオススメの劇場公演です!!!

 

 

 

10. シンデレラガール / King & Prince

2018年リリース シングル「シンデレラガール」表題曲

選出理由:結局今年はシンデレラガールが優勝!!!!!!

なんだかんだいって今年は「シンデレラガール」が素晴らしかった。楽曲としても、King & Princeがああいうパッケージでデビューシングルとしたことも、ドラマの主題歌となったことも全部が全部秀逸で圧倒的優勝だった。流行る曲ってみんなで踊れる曲とか何か一つ乗っかる要素があることが多いけどシンプルにみんなキンプリって言ってて「シンデレラガール」を歌ってて凄かったな〜。実際私もめちゃくちゃ聞いた。何回聞いても飽きない。今年のツアーはシンデレラガール3回歌っていたけどまだまだシンデレラガールで盛り上がりたい!って思うくらいこの曲の持つパワーが凄かった〜!本当いいデビューしたな〜!おい〜!これ以上私なんかが書けることはないくらいの最優秀新人賞だったと思うんですが、花晴れのエキストラに参加したり、ツアー入ったり私ですらキンプリのおかげで楽しかったな〜ってことが色々あるので来年も楽しみです(..◜ᴗ◝..)

 

 

 

 

さぁ10曲挙げてみましたが🤔

選ぶの難しくてちょっとアイドル別でバランス取ったつもりです!

 

今年ジャニーズを応援してる上で1番大きかったことがJr.に興味が湧いたことだったんですが、よく聞いた楽曲ということに焦点を当てて選ぶと円盤化してないJr.のグループの楽曲は選びづらくて(笑)Jr.が歌った先輩の曲もたくさん聞いたけど選ぶと理由がぼんやりしちゃうな〜と思ってちょっと控えてみました。でもSixTONESの「この星のHIKARI」は今年めっっっちゃ聞いた!!!!!!すっっごく好き!!!!!!!(笑)SixTONESの曲が円盤に乗ってどうでもいい私の10選に挙げられる時はいつ来るかしら!!!どうかしら!!!

 

48Gって曲の幅が広すぎてこの枠の中で数を絞るのがすごく難しかったんですけどあともう1つ前田敦子さんの「右肩」が大好きで今年たくさん聞きました!これもバカレアきっかけで(T_T)(笑)元々あっさんの曲の中でも特に好きな曲ではあったんだけどやっぱりいいなぁ〜と。あっさんのあっさんらしい歌い方がすごく映えてる〜。イントロがあまりにも素敵すぎるからドラマで「そこ!?」ってタイミングで流れてくるとちょっと壮大で笑えちゃうんですけど(失礼)、曲自体は夏の青々とした空が頭に浮かぶのに切ない名曲です。バカレアでいうと前編の記事でKis-My-Ft2の「Shake It Up」を挙げさせてもらってそこにちょっと補足をすると「Shake It Up」の2番Bメロの歌い出しが「友達でいられるなら それもいいと思ってたよ」なんですけど、2015年リリースのAKB48のアルバムに収録されている島崎遥香ちゃんと横山由依ちゃんのユニット曲のタイトルが「友達でいられるなら」っていうんですよ。「友達でいられるなら」ってそんなワード被りある!?!?しかも島崎遥香ちゃんの曲で!?!?って少し思いました(笑)「友達でいられるなら」もぱるると由依ちゃんの2人の声のコントラストが面白くて、歌詞もズバズバと切なく描かれていてグッとくるのでこれも入れれなくて惜しいです( ; ᴗ ; )(笑)

 

私バランス取ったとか言いながらハロプロ1曲しか入れれてなかったんですね。あら。普段どうしてもジャニーズと48Gがメインだからかハロプロ楽曲は今年爆発的にみたいな曲はなくてロングヒットな曲が多かったです。カントリー・ガールズスマイレージの可愛い曲が大好きでよく聞くけど楽曲が限られてくるし、モーニング娘。アンジュルムもJuice=Juiceも聞くけど曲は固定されてしまってる感じがして勿体なかったな。ちなみにどうでもいいけど松浦亜弥さんと藤本美貴さんの楽曲も大好きですごく聞くんですが、ハロプロで好きな曲は?と聞かれれば「赤いフリージア」「春 ビューティフル エブリデイ」「もしも・・・」って3曲すぐに挙げられちゃうので(上で挙げたグループさん関係なかった)、2019年ハロプロ楽曲との新しい出会いがあったらいいなあ!!!たまたまだけど何故か1年に1回だけハロプロさんのリリイベに行くという恒例が出来てしまったので(昨年カンガルちゃん、今年アンジュルム)、来年は2回に増やしたいですね🤔(?)笑

あ、インスタでたまたま見たこぶしファクトリー(かな?)がスタンドマイクで歌ってた可愛い曲が初めましてスッキだったんですがあれはリリース済みの曲なのかな?誰か教えてくださいCD欲しい🤔(笑)

 

 

 

は〜〜〜〜〜〜〜〜!すごく長くなってしまったんですがこれで前編、後編終わりたいと思います!

来年入ってから見返すと楽しそうだな〜なんて思いながら書いてました。読んでくださった方がいたらありがとうございます!

今年最後の投稿!!!来年もゆるゆる楽しく書くぞ〜〜〜!

今年1年もお疲れ様でした☺︎

雑食アイドルヲタクが2018年よく聞いたアイドルソング10選 (前編)

 

皆様平成最後の年末いかがお過ごしでしょうか。

私は課題量と用事量とダラダラしたい欲が釣り合わずなかなか精神的にキツイ冬休みを過ごしております( ; ᴗ ; )(笑)

 

さぁ本題なんですが、とにかくアイドルソングしか聞かない私。2018年もジャニーズ、48G、ハロプロなどとにかくたくさんのアイドルソングを聞きました!

ということで私が2018年よく聞いたな〜!この曲良かったな〜!と思う曲を絞りに絞って10曲選んでみます。

 

ちなみに2018年リリースされた曲でこれが良かった!という選び方ではなく私が個人的によく聞いた曲というなんとも自分発信自分着な10曲ですのであしからず。それではしょうもない理由と共にどうぞ!!!!

 

 

 

1. ROCK YOU /  嵐

2007年リリース アルバム「Time」収録曲

選出理由:今年嵐さんが「シングル曲の中で好きな嵐ソング10曲」や「シングル曲以外の好きな曲」などを問うアンケートをFC会員宛に行いこのアンケートが中々の難易度でこれを機に嵐さんの曲を久しぶりに色々と聞いていたところ「あの頃好きでよく聞いた曲」との再会が多々ありその中の1つだった。

この嵐さんのアンケート!!!!これが本気で取り組もうとすると全っ然選びきれずなかなか鬼だった!!!!!その反面久しぶりに聞く曲も多くて今年は去年より嵐さんの曲をたくさん聞けたな、という印象。その中で1つ挙げるなら「ROCK YOU」かな〜と。この「ROCK YOU」はタイトルちょっと厳つくない……?と思ってしまうくらい可愛い!!!んです!!!嵐さんのファンの中でライブDVDとして特に人気なのが「Time」だと思うんですけど、アルバムとして考えると私は「Time」くらいから楽曲の流れが変わってるな〜というイメージを持っていて。「ROCK YOU」は意外と若い頃の嵐さんが歌っている感じの曲じゃない!でも今の嵐さんが歌っている感じの曲でもない!2007年のグイグイ来てるキラッキラの嵐さんこそ歌える曲のような感じがします。ポップなピアノで始まるイントロもラップ明けで二宮さんのソロが入ってくる感じもどストライクに好き〜〜〜!!!!!嵐さんの曲ってあまりにも数が多すぎて曲を挙げようとすると何か特徴のある曲を挙げたくなるんですけど私は「ROCK YOU」を「嵐さんが歌う可愛い曲」として今後も猛プッシュしていきたい!!!今年もこの曲でたくさんときめいたよ〜!!!!

 

 

 

2. アーモンドクロワッサン計画 / NMB48 チームBII

2013年リリース アルバム「てっぺんとったんで!」収録曲

選出理由:今年始めたバイトの先輩(有名私立大学生)が将来カフェを開きたくて勉強しているという話を聞きアーモンドクロワッサン計画の歌詞味〜!!!と勝手にテンションが上がったためよく聞いた。

まずNMB48のチーム曲すこぶるいい説を提唱したい。個人的に本当に好きな曲が多くて「右にしてるリング」「妄想マシーン3号機」「フェリー」なんかも是非ともオススメしたいんだけど、今年はアモクロだったかな〜と!アモクロの激推しポイントはもう歌詞よ。歌詞の内容としては18歳の女の子が「そろそろ将来のこと考えなきゃな〜街で人気のパン屋さんみたいに私も好きな人とパン屋さんを開いて幸せに暮らしたいな〜」なんて妄想しているストーリーなんですけど、2サビの途中で突然、本当に突然

振り向けばこの妄想がきっかけ

たかがパンだと思って修行して
されど奥は深かった
頬張れば笑顔になる

って出てきて

実現したのぉ!?!?キューン!

ってびっくりするっていう。でもその後

親だって歳を取って来たし
お見合い写真 チラチラ見せるし
さすがに遊んでいられないわ
抗っても月日は過ぎて行くし
何か始めよう
計画立てよう

って出てくるからパン屋さんはまだ開けてないのかな〜?なんて思うのですがこの女の子の幸せを願わずにはいられない(T_T)(笑)

全体的にポップで可愛い曲なんだけど歌詞がちょっと捻られてるところが大好きで今年もたくさん聞かせてもらいました!アモクロも3期生も好き!!!!!!

 

 

3. ベーグルにハム&チーズ / ℃-ute

2013年リリース アルバム「8 Queen of J-POP」収録曲

選出理由:℃-uteの姉方の曲で1番好きだから。

理由シンプル〜〜〜!!!℃-uteの姉方の曲が大好きで初期の「まっさらブルージーンズ」「都会っ子 純情」「わっきゃない(Z)」もお気に入りでめちゃめちゃ聞くんですが「ベーグルにハム&チーズ」はハロプロのヲタクの皆様っぽく言うともう圧倒的多幸感ですよ。簡単に言うとビジュアルも歌唱力も抜群な5人が「朝起きるたび いつも思うの 幸せすぎて怖いな」って惚気な歌詞を歌ってる曲です。もはや恐ろしいの域。曲中のセリフも最高。お互い仕事があったりすれ違うこともあるけど2人でいる何気ない日常が幸せだよね、みたいな素敵な雰囲気がふんだんに詰め込まれてて最高に質がいいキュンがここにはあります!!!今年も最高に質がいいキュンをありがとう賞を受賞です!おめでとうございますありがとうございます!

 

 

 

4. 名脇役 / Sexy Zone

2018年リリース アルバム「XYZ=repainting」収録曲

選出理由:2018年最もファーストインプレッションが衝撃的だった曲と言える。出会い頭にうっかり落ちた。

この曲との出会いに関しては

少クラで初めてSexy Zoneの「名脇役」を聴いた人の末路 - ツインテールにしてみたり

で書かせてもらったんですがここから約2ヶ月半ブレることなくこの曲に熱を注がせてもらってます。正直この記事の書き方にあまり納得がいってなくて私の語彙力じゃこの曲のズドーンときてギューンとなってシュンとなってキャーってなる感じが全く伝えられないのがとっても悔しいんですけど、これ以上の熱を書ける術もないという!とにかく最高なので聞いてみてください(投げやり)

話が少し変わるんですがこの間初めてウェルセクのライブDVDを拝見しましてセクゾの曲があまりに続々と自分にヒットしてくるのでシンプルにビビりました。今までもテレビで聞く機会の多いシングルだけでも好きな曲が多いな〜と感じていて周りのセクゾ担たちに「オススメの曲ない〜?」なんて聞いていたんですが「ぶつかっちゃうよ」を勧めてもらっていて。実際何度か聞いてみたけど残念ながらピンと来ていなかったのに、みんなが「ぶつかっちゃうよ」を勧めるのはこういうことか〜!!!ってライブ映像見て発見出来たのが嬉しかったです!中毒性がある!最近は「よびすて」「名脇役」みたいな切ない雰囲気がバッチリハマるなと思っていたけど、やっぱり可愛い曲も自分たちのカラーと言わんばかりに楽しくこなしていてどちらの曲調もドンピシャな私はワクワクしました。勝手に絶対セクゾには自分の好きな曲がたくさんある!と思っていながらどこから手をつけたらいいか分からないので、ぜひセクゾちゃんのオススメな曲教えてください(..◜ᴗ◝..)(笑)その間大好きな「名脇役」と「A MY GIRL FRIEND」を聞いておきます(..◜ᴗ◝..)(笑)2018年最高の出会いをありがとうでした〜。今日も名脇役のおかげでギュッとなってパーンとなってます。

 

 

 

5. Shake It Up / Kis-My-Ft2

2012年リリース シングル「WANNA BEEEE!!! / Shake It Up」表題曲

選出理由:SixTONES人気の勢いに押されるまま6年ぶりに「私立バカレア高校」を鑑賞したところどハマりしてしまい主題歌の「Shake It Up」を聞くだけで震えるようになった。

バカレアを久しぶりに見たことはこの記事

久しぶりに見るバカレアについて書いたら止まらなかった - ツインテールにしてみたり

で書かせてもらったんですが、私は未だに48Gとの掛け持ちを続けるジャニヲタなんですよ。常にジャニーズがメインではあるんですけど。「私立バカレア高校」が結成のきっかけであるSixTONESを見ていると今までヲタクをしてきた点と線がバッチリ繋がったような感じがしてしまって。今後どうなるか分からないから現時点での望みでしかないんだけど。久しぶりに「好き〜〜〜〜〜〜〜!!!!!(T_T)(T_T)(T_T)」って感情だけで頑張れてて自分まだまだ若かったんだなと。(※未成年)

キスマイの、というよりはドラマの主題歌としてそしてSixTONESが歌って自分たちの原点として大切にしている曲として自分の中に残ったな〜という感じでした。ちなみに今年キスマイの中でベストヒットを挙げるとしたら絶対「負けないで」です!!!ミュージックソン割と聞いてたんですが深夜流れてきて泣きました〜!!!深夜のメドレー最高だった〜!!!!

 

 

 

と、ここまで書いてきてながいので前編、後編で分けようと思います!!!(笑)

残りの5曲も今日中に書くぞ〜〜〜o(^_^)o書けるのか〜〜〜?o(^_^)o(笑)

2018年にジャニーズJr.にハマったヲタクの年末の考察

 

今、良くも悪くもジャニーズJr.にハマりやすくなったのではと感じる。

実際私も4.5年前に1度ハマったことがあったが当時メインで応援していたデビュー組ほど踏み込めずに終わった。それが2018年に入ってデビュー組のヲタクからJr.のヲタクへと変貌を遂げた。

4.5年前と今の何が違ったのか自分なりに紐解いてみたいと思う。

1度Jr.にハマった経験を持つ私はその当時踏み込みきれなかった理由として

  1. 過去を遡った時の歴史が浅い
  2. 情報量が少ない
  3. 不安定な存在である

としていた。

それが今はある程度変わってきたように思う。

 

1.過去を遡った時の歴史が浅い

まず補足として私が最初にJr.にハマったのは目安としてジャニーズWESTがデビューする1年ほど前〜平野永瀬が東京に行くまで主に関西ジャニーズJr.だった。その頃は関西ジャニーズJr.のメインとして現在のジャニーズWESTがおりその下に「まいジャニ」レギュラーであるKin Kanなにわ皇子がいた。

関東はほくジェがメインにいて今でいうSixTONESLove-tune、Prince、(当時結成はされていた)Travis Japanが散らばって活動しているようなイメージだ。

関西はさておき関東は今となんら変わっていない。もう一度言う4年前から何も変わってない。そして減っただけである。

もちろんHiHi Jets、Sexy美少年が台頭しながら盛り上がりを見せ、関西でも14年組道枝髙橋長尾が次期デビュー圏内まで登り詰めちび5もフューチャーされつつあるが、その上の世代に目を向けてしまうとメンバーは変わってない、減っただけという印象を持ってしまうのである。(無論私がMr.KINGがトップにいる時代のみすっぽり知らないこともあるのだが)

私にとって上の世代のメンバーが変わらず、下の世代のメンバーも盛り上がりを見せていることは好都合である他ない。

Jr.としての4年はとても大きいものであると思うがその間に彼らはスキルと経験値を得ているのである。加えて年が経つにつれてこそのファンの押し上げがJr.には存在するのではと感じている。「こんなに長い間活躍しているのに!デビュー出来ないなんておかしい!」といった類のものだ。

SixTONESなんてまさにそうだ。私が見ていた頃はバカレア組が解体されていたためどのようなデビューの形になるか全く見えなかったが、バカレアをリアルタイムで追っていた私に6年経っても彼らはデビューしていない、でもJr.のトップにはいると言えばだったらなぜデビューしていないのかと本気で考えてしまうだろうし、4年前の自分にほくジェはまた4人と活動していて未だJr.のトップにいると言えばそれはデビューを見据えた結成ではないのか、いつデビューするのかと問い詰めてしまいそうだ。

Travis Japanはここ数年で目まぐるしく形が変わりJr.の方向性が変わったことでグループとして意義が増したが、現在の形が最終形態であることを願わずにいられないほどの雰囲気の良さで過去をも笑い飛ばせる勢いだ。

そしてその下の代を見回すと現在のメンバーになったHiHi JetsもSexy美少年もそれぞれの色が出てきて見ていてとても面白い。HiHi Jetsが他に負けない武器を持っていることは言うまでもないが、Sexy美少年もめきめきとビジュアルのレベルが上がり粒ぞろいにも程がある。更には高学歴をも振りかざしてくる恐ろしさだ。

上を見ればあの頃と現在を比べて感慨深くなることができ、下を見れば今をときめく楽しさがある。これはハマる他なかった。

実際Jr.がグループ化しているのはとっつきやすい要素として大いに働いているのではないかと思う。(デメリットもその分あるのが歯がゆいが)従来のJr.の応援の仕方とはまた違ったデビュー組を応援するに近いハードルの低さが生まれてきている。ただこれは無所属のJr.には適用されずやはりグループか無所属かの壁は厚いように思えてしまうのもまた難しい問題だ。

個人的に7MEN侍には思うところがあり、中村嶺亜くんがユニットセンターにいることがとても嬉しい。私がJr.から離れた後だったが関東のジャニーズJr.で退所が相次ぐ時期があった。退所した子たちがTwitterアカウントを開設した事で大きく拡散され当時私もリアルタイムで情報を得ていたがあまり良い印象がなかった。そして今誰が退所したのか頭に入った状態で見る4年前のアイドル誌は切ない。

4年の間にJr.の動きが大きく変わっていたので誰が退所していてもおかしくないと思って久しぶりにJr.に目を向けていたのだが、抜群に垢抜けて人気イケメン俳優かのようなビジュアルに成長した中村嶺亜くんがユニットセンターにいた。7MEN侍が結成されていたことは残念ながら耳に入ってきていなかったのだが逆に2018年まで中村嶺亜くんが無所属でいたことが驚きである。もしあの時周りにいて人気を博していた同世代が退所していなかったら彼も彼らと共にグループを組んだりしていたのかもしれないが今彼は年下に囲まれながら、引っ張りながら彼の得意なスケボーを1つの武器としたグループにいる。それにやけに感動してしまった。

2017年にTravis Japanに加入した松松を見ても言えることだが結局グループ入りが格段に露出を広げている。2017年→2018年のジャニーズカウントダウンの放送でアップで映る松田元太くんを見てこれは無所属だと不可能だったと感じざるをえない。

話はズレてしまったが以前よりという意味で過去に遡りやすくなっており、デビュー出来ないでスペックを高めたJr.が多すぎる分歴史が浅いと言いきれてしまうJr.の数はかなり少ないと感じる。そしてグループ化により過去の活動を追いやすいのもまた歴史に厚みを作っている。

 

2.情報量が少ない

4年前、ジュニア情報局は整備されていなかった。無料で登録してメールが届く、それだけのことでジャニーズWESTのコンサートまで応募できた。(そして私は参加した)

それが今は一新され私もちゃっかり年会費2500円を収めに行った。

情報局から送られてくるメールの情報に今も4年前も差はないが何より大きいのは他のFCのごとく会員限定動画が配信されることだろう。それがライブ映像も少年たちも30分程のダイジェストでお届けしてくれるから驚きだ。

年会費2500円しか払っていないのだがどのグループの映像もスマホがあればいつでも再生できる。なんでダイジェストなんだ!とは言えない。お金払うからフルで円盤化してくれ!とは言う。

Jr.のヲタク=デビュー組のFCにわざわざ入って高い競争率をすり抜け参戦し少ない出番に命をかける

というイメージが少なからずあったがJr.に簡単にお金を落とせるらしいこのシステムを指示せざるを得ない。

2018年、ジャニーズwebではいくつかのグループがブログを開設したが個人的にブログの有無は大きい。なにわ男子の「日刊なにわ男子」は7人のメンバーがそれぞれ週一回担当する。その名の通り日刊である。

個人的に西畑大吾くんのweb上ブログでの文章の作り方はプロであり、他から抜きん出ていると思っているのだが西畑大吾くんは奇しくも5年前私が1番応援していたJr.である。週に1回自分の言葉で発信してくれる身近さはもし5年前に存在していたら5年前の私のJr.への向き合い方も違っていたかもしれない。(その身近さが月額有料のコンテンツによるところがまたジャニーズらしい)

5年前の私が感じた情報量が少ない、は気になる子がいて検索しても基本的な情報しか得られないということも含まれているんだろうが今はYouTubeでJr.を見られる時代である。

これも限られたグループであるのが残念だが、私の友人が私が読んでいたドル誌で佐藤龍我くんを見つけ「カワイイ……」と漏らしたのでこの動画とこの動画を見てみてくれ!といくつかURLを送ると沼落ちした。(当たり前にこれはデビュー組ヲタク→デビュー組とJr.の掛け持ちの例である)

YouTubeは外部に発信するコンテンツとして優秀すぎる。

YouTubeに出演している面々の多くはガムシャラを見れば今よりも若い、かつバラエティに果敢に挑む姿を見ることが出来る。ガムシャラに限らずドラマや映画など彼らに残る資料は多い。それもここまで腐らずやって来てくれたからこそであるのがまた感慨深いところだ。

ジャニーズをデジタルに放つ新世代が現れたのだからこれからはもっと情報を受け取りやすくなるのではないかと思う。

それがJr.の価値を上げるか下げるかはともかく新規に優しいことは間違いがない。

 

3.不安定な存在である

2018年振り返った時に何が1番ショックだったかと言われれば確実に渋谷すばるくんが関ジャニ∞を脱退したことだと言える。

4月に自分自身の環境がガラリと変わり今後に不安を抱いていた時にこれを糧にして頑張るぞ!と思えたのは関ジャニ∞だった。

脱退が発表されてからの3日間恐ろしいほどの脱力感に襲われ気を抜くと涙が溢れ感じたことの無い苦しい日々を過ごした。

Jr.が不安定であるというのはただ学業の問題や仕事量の問題でやめる人が多い、というだけでなく「気づいたら退所していた」というのがかなりのダメージになるのだと思う。これが最後と思ってパフォーマンスを見られず、最後の言葉も何もなければこちらから今までの感謝を伝えることも出来ない。そこにJr.のあまりの儚さが詰まっている。

ただ渋谷すばるくんが脱退そして退所するという点に関して本格的に活動を終える数ヶ月前に発表してくれたメリットは何一つ感じていなかった。彼はその後関ジャニ∞としてコンサートのステージに立たない選択をしたしバラエティを見るとこの放送収録時にメンバーは知っていたのかと勘ぐってしまいイマイチ楽しめなかった。今思い返してもとてもしんどい。結局デビューしているからといって安定というわけではない事実をダイレクトに受け取ってしまっただけだった。ジャニーズ事務所の退所は女の子のアイドルの卒業のようなステップに確実にならないのだから。いかにグループを想っている人でも、ファンを安心させてくれる発言をしている人でも、それに勝る何かが現れそちらを選ぶことがあるのだ。

未成年を応援するリスクは法を破ってしまった例がいくつか存在するため分かる。でも成人済みだからといって失敗がないと言いきれないのが分かったのも悲しいことにまた2018年だった。

しかし正直Jr.のグループ化はある程度退所のリスクを減らしているように感じる。Jr.といえどグループはグループなのだからダイレクトに影響を被る人が少なからずいるという事だ。責任感だって生まれてくるのではないか。

 

結論からすると私が4年前を経て感じた懸念はJr.のグループ化によってある程度解消したりまた新たな問題を引き起こしているのだと感じた。

ここに書いたことは全て私が感じたことに過ぎないが、結局たどり着くところは今のJr.は見ていてとても楽しいということである。2018年がまさかこんな年になるとは思いもよらなかった。何年ジャニヲタをやっていても日々新鮮な思いでいられることに感謝である。

ちなみに私の記事を見返したら分かるがいつもと書き方が違う。

これには理由があり大学で出されたレポートがあまりにも自分の趣味の範囲内だったため嬉しくなりノリノリで書き連ねたところ教授に「ちょっと口調が緩いよね〜!ハハッ!」と笑い飛ばされた。口調が緩い、という表現が合っているのか問いたいところだがつまりはこういう形で書けということだったんだろう。いつもより書くのに時間がかかってしまったが日々訓練ということでできるだけ続けてみたいと思う。

 

 

久しぶりに見るバカレアについて書いたら止まらなかった

 

 

前回の記事でバカレア見返したいな〜なんて言ってたんですが見返せました〜(笑)

 

見るのは6年ぶりでそれまでの間に北斗とぱるるだけのシーン見返したりなんてことはあったと思うんですが見てみると意外と覚えてないもので、、🤔何がびっくりって普通に面白かったです。

 

ドラマ全12話見終わった後うん、まぁ普通に良かった!と思ったんですが劇場版まで見るとストンと落ちた感じがして。アイドルヲタクあるあるか分からないですけど深夜ドラマのドタバタ急展開とか嘘みたいなありきたりさに慣れ切ってる部分があったのが良かったかもしれない。あとは好きだから演技を否定的な目で見ることがない。ジャニーズ側もAKB側も分かるからこそ楽しい!って思うことも今みるからこそと面白い!って思うこともありました〜〜〜。アイドル最高〜〜〜〜〜〜〜(?)

 

自分なりに感想書こうと思うんですがまず思うのが浅田哲也役はおいしすぎる。よ!!!松村北斗くん!!!

浅田哲也くんが松村北斗くんだからなのか松村北斗くんが浅田哲也くんだからなのかとにかく良かった……めっちゃ良ポジ……不良たちの中でまともなのも文恵を思い続けてるのも総じて良い!

 

バカレアの私なりの見どころとしてはやはり沙耶ちゃん→哲也くん→文恵ちゃん→達也くんっていう四角関係にあると思ってるんですが、なんだかんだ最初に作中に恋の風を吹き込んだのは4話最後の哲也くんだと思うんですよね……文恵見つめる哲也……そのあともいざという時には哲也がいるんですよね。カッコイイて……

誘拐された沙耶ちゃんを助けに行くシーンはもちろんかっこよかったんですがここらへん文恵も達也くんにハッとなってるしそれを哲也くんは見てるし沙耶ちゃんはそこで恋に落ちちゃうし。結構すごいですよね(笑)

 

唯一ちゃんと好きだという気持ちを言葉にした沙耶ちゃんが文恵に哲也くんのことが好きって打ち明ける時に「好きなっちゃうよあれは」(あれ=誘拐された沙耶を1番に助けに来た哲也)ってニュアンスのこと言ってるんですけどそれな!?!?!?!?すぎたよ〜〜〜。沙耶ちゃん〜〜〜。

 

沙耶ちゃんの想いは報われないですけどそれは哲也も同じことで。終始切ないのよ〜彼は。なかなか気持ちに気づかないけどフレンドリーに接することが出来ちゃう1番手といち早く自分の気持ちに気づいて見守り続ける2番手と、全く珍しい構図では無いけどここまで惹かれかね!?ってくらい哲也くんは魅力的な人でした。でも6話の退学させられそうな哲也を庇った文恵はかっこよかった。あれは好きになる分かる。

 

哲也にスポットを当ててしまうと好きなシーンがたくさんあるんですがやっぱり10話の文恵と哲也が学校をサボるところは鉄板……!引越し業者姿が可愛いし「お前サボり方知らねえだろ」からの「どこ行きたい?」えらくイケメンだなおい号泣。ファミレス頭ポンポンは名シーンとして殿堂入りさせるとしてそしてファミレスのボタン押したがってたの覚えてるのもイケすぎるとして何気に達也も可愛い10話でした。FGSPを考え出したり文恵のこと好きなんて描写はなかったから何を思ってだかは分からないけど2人を探しにいってちょっと凹んで(?)たり。

 

今見ると感じることですけど達也の(というか慎太郎)の若くてハツラツとしてて可愛さが残っててどこにでも飛んでく無鉄砲な感じが作品の枠と馬鹿田とカトレアのなんとも言えない対比を作っているような感じがしました。きっと今やったら全然違うんだろうな〜。

 

ドラマだと個人的に好きな回があって5話なんですけど、小百合(光宗ちゃん)と麻耶(京本さん)がメインの回で何が好きって2人の顔が美しすぎる。美、って感じですどっち見ても美。ここそのあと付き合ってるんですよね、多分。めちゃくちゃいいな。凡人には届かない雰囲気漂う2人の回なのでおすすめです。

 

劇場版まで見たらストンと落ちた感じがしたと書いたんですが元々ドラマは映画ありきの終わり方ではあったものの映画を観てちゃんと全てが丸く収まってくれた感じがして平和主義人間なので安心しました。文恵が留学する、ということで一区切りついたわけなんですが最初なんだよ留学かよベタだなって思った!最初!でも文恵が「前の自分だったらカトレアから出る勇気がなかったと思う。達也くんたちと出会ってほんの少し勇気を出して飛び込んでみたら自分の可能性が広がるんだ」って(T_T)(T_T)( i _ i )( i _ i )ちゃんとここまでみんなのこと見てきて良かったよ!!!全12話そして劇場版全部ありがとう!!!となった私でした。 

 

一方劇場版哲也くんは「行くなよ」って腕掴んだり留学のこと聞いて元気なくなったり。気持ち伝えかけたり(T_T)結局切な可愛いでした。薄いけどそれしか出てこん!哲也くん切な可愛い!!

 

文恵を見つめ続けた哲也くん最後にかけた言葉、「頑張りすぎんじゃねぇぞ」泣ける。紙に書いた言葉「いつでも帰って来い」泣ける。でも結局「大っ嫌い」で意思疎通してる達也文恵〜〜〜(T_T)(T_T)(T_T)( ; ᴗ ; )( ; ᴗ ; )

最後達也が文恵の手紙読むところおう微笑ましいじゃねぇか可愛いじゃねぇかと思いながら見ていたんですがお前だけじゃねーぞ俺もきてんぞな哲也がかわ……かわい……かった( i _ i )達也と哲也ライバルなしんどいてライバル自覚し始めた〜〜!って沸きながら終えられて良いバカレア鑑賞をしました……ありがとう……!

 

私バカレアの感想書くつもりが半分くらい哲也への思い書いちゃってないですか?なんか見る時期によって見方変わったりするよな〜って(ヘラヘラ)

 

ちなみに48Gもずっと見てきてる人からすると第一から第二に来たカトレア組は沙耶ちゃん以外卒業しちゃってて。ここがバカレア見てて感じたアイドルの奥深いところだと思ったんですが今馬鹿田側はSixTONESとして勢いに乗っていててデビュー最王手とまで言われている中でカトレア組はアイドルとしての活動を終えてそれぞれの道で頑張っていて男女のアイドルの違いを目の当たりにできちゃうコンテンツだなぁ、と。こういう時に思い出すんですが大島優子さんが卒業する時に記者の方に「SMAPのように長くアイドルを続けることはできませんか?」と言われて「女の子だとできない」と答えたことがありました。だからAKBはあくまでも「芸能界を目指す女の子の入口」になり得るものとして存在していたしアイドルとして芸能界にずっとい続けるなんて不可能で。

 

カトレア組でいえばこれは知ってる人も多いかと思いますが文恵ちゃんを演じた島崎遥香ちゃんは2016年いっぱいで卒業して女優さんになりました。2番手に位置していた沙耶ちゃん(大場美奈ちゃん)は唯一48G現役で活動していてバカレア後にはSKE48に移籍して今年選抜総選挙で選抜入り、初めての1桁順位で8位になりました。さっきも書いた小百合ちゃん(光宗薫ちゃん)は劇場版が公開してすぐ活動を辞退してますがそれ以外の面々はAKBでの活動でやることはやった上で今それぞれで活躍しています。永尾まりやちゃんはグラビアやモデルをやっていたり小林茉里奈ちゃんは福岡放送のアナウンサーになったり中村麻里子ちゃんはサンテレビのアナウンサーになったり島田晴香ちゃんは芸能界を引退したり。

 

劇場版はAKBの面々も増えてSnow Manも増えましたけどスノストは1人も欠けてなくて。そこも男女を比較対象にするにはあまりにちアイドルとして違いすぎて面白いなとすら思います。劇場版から増えた面々はAKBで活躍しながらSweet専属モデルの加藤玲奈ちゃんやらPRODUCE48で活躍して日韓で熱い支持を得る最近卒業を発表した竹内美宥ちゃん、さらに人気上昇中で選抜常連の高橋朱里ちゃん、卒業して元気に活動中のレモンの市川美織ちゃん、そして女優さんとして活躍中な川栄李奈ちゃんも。今見ると本当に出演者たちの活動が多岐にわたっていてSixTONESはその時ジャニーズJr.6人だったのがグループになって、同じAKB48チーム4だったメンバーが今は各々の活動の仕方をしていてアンバランスなのが本当にあれは異色だったんだな〜と改めて感じさせてくれます(笑)特に劇場版は田中樹の投げたティッシュが川栄りっちゃんに当たったり同じ教室内に私の中のジュリ2TOP田中樹、高橋朱里がいたりと今じゃ想像し難いことが映像として残っていて不思議な感じ( ᷇࿀ ᷆ )( ᷇࿀ ᷆ )(笑)

 

前回の記事で書いた平野とりっちゃんのことと少し被りますが今ぱるるも女優さんとして活動してるからこそ今のスト(特に北斗あたり)とまた共演することになってもなんの違和感もないもんな〜と。ホンキャパの時とか惜しい〜〜〜!!!(何がかは分からない)とめっちゃ思った。(あれ?私だけ?)

 

そこに少し近い話ですとらじ生配信やばくないですか????

松村北斗くん「達也くんだ〜いっきらい」

やばくないですか?????

樹が「馬鹿田高校!」って言った瞬間「!?!?!?」って頭真っ白になったからね!想像以上に沸いてるからねこっち!!!(笑)そんで6人中4人が拳出したとたん叫んだからねもう本当どうしようかと思ったね!好きだね!!!!!松村北斗くんが「達也くんだ〜いっきらい」ってやったのめちゃめちゃ可愛いのはもちろんみんな肩から出すやつ初めてめっちゃ島崎さんいじるじゃん……(笑)みんな達也ポジと思ったら文恵ポジかよ……(笑)って笑いながら泣いたよ!!!ありがとう!!!ちなみに劇場版では「達也くんだ〜いっきらい」ではなく「だ〜いっきらい」だけです(笑)あともし視聴者の方で劇場版のあのシーン改めて見てそんな肩からいってる?って思った人、5話の文恵ちゃんと小百合の拳合わせはまじで肩からいってて北斗味あるんで見てみてください🤔(笑)それにしてもあの哲也が、2人をを切ない感じで見守ってた哲也が6年たってものまねしてるの胸アツ過ぎてただのエモだった…………田中樹くんも松村北斗くんもエモ製造機だよ……松村北斗くんよくそんな達也くんってワードポンって出たなと思ったんですけどwebのジェシー見てもしや世にもの時もそういう話した????ってなったヲタクがここにいます。世にも見てごめん、バカレアがチラつく……って思ったしそう言ってる人多かったけどやっぱり本人も思った!?!?ヲタクと一緒ジャーン!!!!ってなったヲタクでした!ありがとうございました!

 

ぱるるもツイで反応してくれてましたよね。ぱるるはなんの流儀かJの話もSNSで触れてくれる子なので755(ってSNSアプリ)でストのこと触れてくれることあったし嬉しかった〜。大きくなったよね〜。特に達也ね、分かる。哲也めっちゃかっこよくない?あ、それは言ってない?

 

 

 

 

 

そんなこんなでバカレアのおかげで楽しい数日を過ごしました。今ざっと見返して言い残したことがあったとすればバカレアは終始宮田さんがいい味出してて高木さんも面白かったし何より滑舌が今より追いついていない松村北斗くん、可愛かったです。以上です。

 

なんかすごい文字数書いてた……( ; ᴗ ; )(笑)ありがとうございました!( ; ᴗ ; )(笑)

 

錦戸亮くんの月9と私と全開ガールと。

錦戸亮くんの月9初主演が決まりましたね……!

ずっと全開ガールのことを記事にしたかったこともありぴったりなタイミングであろうと思ったので何かしらを書こうと思います。

まず私は「全開ガール」に異常な執着心を持ってます。その理由は自分でもよく分からない部分も含め色々ありおいおい説明していくのですがそのため錦戸亮くんの月9初主演が決まってびっくり嬉しかった反面なんか全開ガールに近しい出来事が起こった!っていうことに感動してしまって(笑)案の定ネットニュースには「全開ガール」ぶりの月9出演って書いてあるわけですよね。「全開ガール」なんてめったにスポットに当たらないドラマが色んな記事で名前をひょっこりさせているのが沸きに次ぐ沸きで。

そもそも「全開ガール」は2011年7月-9月クールの月9ドラマです。主演は新垣結衣ちゃん。私はこのドラマが大好きでした。個人的にドラマを見る機会が全くない生活をしていたのでちゃんとドラマを見るようになったのが2010年の夏だったんです。作品でいえば「夏の恋は虹色に輝く」だったんですけどここから一気にドラマにハマり主にジャニーズが出演するドラマを片っ端から見てました。だから「全開ガール」はドラマを見るようになって1年経った頃に放送されたドラマということになります。

7年も前のことなので記憶は朧気なのですがなぜ「全開ガール」を見たかって言えばジャニーズが出るドラマをほとんど見ていた当時の私にとって錦戸亮が出ていたからというのが大きい気がします。ドラマが始まる前の1話の予告が錦戸亮が電車の中で痴漢扱いされたりっていうのを見てこれ大丈夫かな……とりあえず1話見よう……と思ったことだけはよく覚えています(笑)

じゃあいざ始まってみたらハマるハマるもうめちゃくちゃハマりました。正直当時抱いてた感想と今改めて見返した時の感想って結構違うんですが、当時まだ若かった私はとにかくキュンキュンして翌日学校で友だちと話を共有するのも楽しくて。いわゆるラブコメを見たのが多分初めてで新鮮だったこともあってそして最終回のキスシーンがちょっと衝撃的で放送が終わってからも見返すくらい好きな作品になってました。

今は信ぴょう性ないくせに大好きな2人の共演を絶ってる原因だと勝手に恨んでる熱愛報道も嬉しくってドキドキしたしそのあとがんばった大賞で共演した時なんて釘付けでした。

そのあとは特に触れる機会もなく好きだったのは覚えてるけど内容はそんなに覚えてないドラマみたいな位置づけだったと思います。錦戸さんと新垣さんは各々で大好きだけど作品としてはぼんやりしている感じ。とまぁこんなレベルだったんですが2年ほど前ドラマ映画をひたすら鑑賞するということにめちゃくちゃハマりとにかくドラマを見返してました。その時に全開ガールも見よう!となりまして。見てみたらもうなんというか見てられない……!(笑)

自分も色んな作品を見るようになったこととそれぞれ違うタイミングで錦戸さんへのモチベと新垣さんへのモチベが放送当時とは比べ物にならないくらい急上昇していたこともありなんか小っ恥ずかしい展開にムズムズしたりよく分からない気持ちの運ばれ方に疑問を抱いたりスッキリ見れなくて。

だけどあの時と変わったことはとにかく私の錦戸さんへの熱量と新垣さんへの熱量が尋常じゃないこと!!!そうなるとビジュアルなんかも気になり出すのですが草ちゃんこと錦戸さんのビジュアルはどストライクなのに対して若葉こと新垣さんは前髪なし……でもそれはそれでかわいい!日向こと谷花音ちゃんもびー太郎こと高木星来くんもかわいい!4人まるごとかわいい!みんな好き!!!!全開ガール=脚本に理解は出来ないけどみんなもれなく可愛いドラマ!!!!になっちゃいました。

そもそも新垣結衣ちゃんが演じる役柄ってだいたい前髪ある役が好きなんですよね、私は。イメージとしては前髪なし=気が強め、前髪あり=その他みたいな感じです。前髪がない役は若葉とか空飛ぶ広報室の稲葉リカちゃんみたいにガツガツしてたり逆にくちびるに歌をの柏木ユリちゃんみたいに冷たい部分があったり。それよりも前髪がある掟上今日子の備忘録の今日子さんや逃げるは恥だが役に立つの森山みくりちゃん(どちらも原作はあるけど)の方が好きなんです。それなのに全開ガールにこだわる理由があるとすれば圧倒的錦戸亮のビジュアルです。本当にイケめてる。戻らぬビジュアル。個人的に今まで演じていた役の中で1番好き。そしてあの面下げてバツ1。なんて設定だ。

錦戸亮にあれだけキラキラされると新垣さんのビジュアルほかの方が好きとか言ってられんですよ。ちなみに番宣のネプリーグなどで2人が並んでいる姿を見るとなんかもうすっげえ若い今じゃ考えられん並び方(語彙力)

さっき脚本が理解出来ないって書いたんですけどそれはそうでそんなタイミングある?とかどういう気持ちの運び方!?とか思ったんですけどそれに加えて憶測ですが「全開ガール」の頃の新垣結衣さんはしんどそう( ; ᴗ ; )初連続ドラマ主演が月9のこの作品でまだ23歳でプレッシャーも凄かったでしょうし役柄も気が強い役で起伏が激しかったし相手役の錦戸亮も人見知りとか言って全然気が利かない!だからこそ大変そう絶対キツい……って目で見てしまって純粋に楽しめないのもきっとダメなんだな〜( ; ᴗ ; )笑

でも錦戸亮を憎めきれないのは演技がとっても良くって。脚本書いてる吉田さんのブログ読んだらさらによく理解できるんですが本当に子犬みたいなうるっうるな目だとか切なさを誘うし草ちゃん自体を憎めなくなったり。私が1番好きなのは新垣さんもインタビューで錦戸さんの涙について触れてた歩道橋のシーンなんですけど。「草ちゃん……」って号泣する案件です。ここがもはやピークってくらい好きです。ありえん良いシーン。

そう、錦戸亮はさておき草ちゃんはとっても良いんですよ。バツ1になるほどのお人好しってなんぞや!?と思うけど。

問題は若葉の方で。もうこの子が本当にめんどくさい!(笑)野木亜紀子さんが空飛ぶ広報室の稲ぴょんのことを「最初はかわいくない」って言ってたんですけど若葉はもうずーっと可愛くない!稲ぴょんより全然可愛くない!(笑)新垣さんが野木さんの脚本のことを「感情の動きで違和感を感じたことがない」みたいなニュアンスのことを言っていたんですがだとしたらきっと若葉ちゃんは違和感しかないと思います!確信!

とにかく草ちゃんへの思いと若葉への思いがアンバランスなんですがこの2人がもうとにかくくっつかなくて(T_T)日向とびー太郎の方が自分の気持ちに正直なところが面白いし可愛いしその分素直になれない大人たちにもキュンてするし。

子どもたちが死ぬほどいい味出してるバンザイ(T_T)花音ちゃんのブログを未だにチェックしてる女です(T_T)こんにちは(T_T)

なんか貶したり褒めたりぐっちゃぐちゃですけどとっても困ってるのが新垣結衣さんも錦戸亮さんも普通にヲタクしてて2人が好きすぎてこの作品から逃れられないことです!今二人とも主演作品沢山やって活躍しててそれぞれ色々な経験積んでてきっと今共演したらめちゃくちゃ面白いのにもうきっと共演出来なくてもったいなすぎてここに捕まっているしかないことです!!!困る!!!

新垣さんと錦戸さんの並びにときめきを感じたのも全開ガールだしもう共演できなくしたのも全開ガールです!!!罪!!!

とまぁこんな流れで未だに全開ガールから逃れられていない女こと私です。「見るに堪えない!」って叫びながら時々見返します。あまのじゃくか。

え、これなんのこと書いてたんだっけ?そろそろ終わりたいと思います(?)

 

 

 

いやもう……相手役にはあんな感じなのに子どもたちと積極的に関わって慕われてる感じありゃギャップだわな。ときめくわな。

錦戸さんの月9、楽しみです。

ゆんぴょもいるしな〜!ゆんぴょといえば……!(アウト自粛)

 

 

 

エイトで好きな曲聞かれた時ついツブサ挙げてしまうういでした。

しがない大学生の興味の矛先。

 

こんにちは。

将来に不安を抱える大学生です。

この記事にオチはないです。ただただ述べるだけ述べております。

前にも1度書いたかもれませんが私は今大学で勉強していることに違和感を感じています。向いてないなぁとかなんかやりたいことと違うなぁとか思いながら通っています。

ちなみに勉強しているもしくはこれから勉強していくのはインテリア設計、空間設計ここら辺は実習で今は建築設計の基礎なんかも勉強してます。主にデザインすることが多いです。座学だと分類分けすれば家庭科でしょうか。消費者問題など。

座学はいいんです。元々家庭科は得意だったし。ただ実習がすこぶる向いていない。細かいこと言ったらなんでそこを選んだかと責められそうなくらいで省略しますが少しも楽しめない自分がいて周りとの温度差や技量の差を感じることも多々で辛いです。こういうことだけは苦手なんだよな〜ってもはや心折れてます。本当子供。こういうところダメ。

でもだからといって私はやめるわけにはいかない、この中で私の興味のあることをできるだけ活かしてもしもどうしても活かせないのなら学外でできるだけのことをしたいと思い始めしかしまだ行動には移せていません。

今まで自分の興味のあることって何かわかりませんでした。

アイドルはずっと好きだしドラマや映画も私に刺激をくれるから大好きです。このことについて考察したり文章を書いたりするのも好き。だからこのブログを始めました。

でも、それをこれから発展させていくのって……?何をしたらいいの……?それがどうしても分からなかったです。

でも最近他に私ってこういうの興味あったんだなぁと思ったことがあって主に育児についてです。そこから発展してワンオペ育児や養子縁組についても興味があります。

好奇心とかじゃなくて純粋に知りたいと思って色々と調べたり動画を見たりしている自分がいて驚きました。

俯瞰で自分をできるだけ見るようにして自分の思いが綺麗事だけじゃないか何度も自問自答していました。

そんな時に授業で養子縁組について勉強したんです。

あ、これかな?ってこの学部とも引っかかってて自分の興味があることってこれなんじゃないかなと思いました。

そこから色々と発展して空間設計なんかをこれから本格的に勉強していくだろうしこういう所を目的としてターゲットとして場所を考えてみたいなって初めて前向きに思えました。

だけどしがない大学生、そこからどう発展していけばいいのか全く分からない。

誰かに話を聞いたり?どこかへ行ってみたり?してみたいけど一体誰に言えばいいのか分からなくてそれが私の最近の考え事です。

たまたまここに行き着いた方がいらっしゃったら教えていただきたい…………