ツインテールにしてみたり。

ドラマや、アイドルのことなど。ぽつぽつと。

48Gのヲタクが見るPRODUCE48のこと。

こんにちは、ういです。

咲良(宮脇咲良)と奈子(矢吹奈子)とひぃちゃん(本田仁美)のIZ*ONEへの専任が発表されたタイミングということで毎話欠かさず視聴していたPRODUCE48のことを書こうと思います。(と書いてから書き上げるまで時間かかりすぎている件)

まずは企画発表→番組のことを。

始め企画が発表された時、なんですがライブで発表があったと知った時は

今度はなんだ

と思いました。48Gのヲタクあるあるだと思います。発表への免疫が出来すぎている。

またどこかの国の発足するかしないか分からないような姉妹グループのことかと思いきやどうやら様子が違うようで。

姉妹グループではない、今回は未だ手付かずの韓国(私はこれまで韓国には独自の文化が根付いているから今更開拓する必要もないだろうと思っていた)ということだけわかったんですがそもそもPRODUCE101のことを知らなかったこともありイマイチピンと来ませんでした。

だけどちゃんと続報として世の中に発信されると韓国のアイドル文化が好きな方達の目にも止まり始めそのほとんどは超がつくほどマイナスな意見ばかりでなんというか「うわ〜。」でした。

飛んで火に入る夏の虫かよ〜みたいな、私の受け取り方はあまり良いものでは無くなっていました。

だけど初めてネコヤのパフォーマンス映像がYouTubeで公開された時初めてこの番組の影響力の大きさを知って、そして咲良が話題になっているのを目の当たりにして本当に本当に

嬉しかった……!!!(笑)

コロッと意見変わりましたけど(笑)、咲良だけじゃなくて非選抜で総選挙にもランクインしてなくて知名度の低いえりい(千葉恵里)やもえきゅん(後藤萌咲)もたった一瞬映っただけなのに見つけてもらえて可愛いって言ってもらえてすごく嬉しかったし、英語だらけのコメント欄はここはグローバルに広がっていく力があるんだって感じさせてくれました。ワクワクした!そして48Gのまだまだ知名度の低いメンバーを広く知ってもらえるタイミングにもなり得るかもしれないんだっていうのが驚きました。

いざ番組が始まって事務所別の時は実力差に「恥ずかしい」って言っている日本人の方もすごく多かったように思います。

だけどやっぱりファンだからやれば出来るのようちの子たちって思ってたし焦りとかあまりなかったんですよね。

でもやはり日本人にズタボロに言われるのはファンとしても結構辛くてのえぴー(山田野絵)やみゆちゃん(竹内美宥)が日本でも話題になっているのが救いでこういうピックアップのされ方があるのが新鮮でした。

番組が進めば進むほどより純粋に番組を楽しめたような気がします。

もちろん48Gのメンバーはキャラクターやこれまでの生い立ちなど知識が多い分感情移入しやすかったのは間違いないですが初めて見る韓国のオーデション番組は見応えがあって楽しかったです。

これは今でもついてまわる問題ですが日本人にメンバーを批判されると傷つきます。擁護したくなります。でも相容れないんだからしょうがないことだとも思っています。だけどその分得るものも沢山あって感じたのは

今までヲタクとしてどう頑張っても世間に伝わらなかったものがあっという間に広がっている

ということでした。

48Gはご存知の通りたくさんメンバーがいます。その分個性があります。それを私はもっと理解して欲しいって思ってました。「AKBって○○だよね」○○に入る言葉の多くは批判の言葉です。

だけどあれだけメンバーがいればファンとしてはその批判にあの子は該当しないと思うんだけどな〜とかああいう子がいることも知らないでそんなこと言われて悔しい!とか心の中では思ってしまうもので、、

今のAKBだと個が伝わりにくいです。

私がもったいないと思うこととして例えばAKB48にはちゃんと努力が認められて選抜入りする子ってもちろんいて大西桃香ちゃんっていうメンバーなんてそうなんですけどその子が何をしたかって「毎日朝5時半(5時)から動画配信をした」んです。毎日ですよ!毎日!

それがファンの間でも話題になってそれを経ての選抜入りでした。

だけど残念なのはMステに選抜として出演して大勢の中の1人になるとそんなこと当たり前にテレビの向こう側には伝わらないんです。

「今のAKB全然分かんない」の対象になってしまう。

ファンとしては嬉しいけど世間には伝わらない、すごくもどかしいです。

だからこそプデュは断片的ではあるけど個性や得意な部分を見てもらえて話題になって、ファンにもなってもらえたりして、奈子の歌もさえぴぃ(村瀬紗英)のビジュアルもそれ以外にも色々とメンバーを見つけてもらえて嬉しかったし「今までやらなかっただけでやれば出来るんだね」って言ってもらえたり個人的にこの子が埋もれてるのはもったいない!って思ってたメンバーに目をつけてくれる人がいたり嬉しいことずくめでした。

こういう外への発信がしたかった!!!!!!

そしてファンとしても成長を感じるところはあってみるんちゃん(荒巻美咲)がセンターに立候補した時は本当に今までと違う様子が見れてうわ〜!って(笑)

その直後に落ちてしまって残念だったけどみるんちゃんに限らず放出されたメンバーを見つけてくださる方がいただけじゃなくて成長も見せてもらえてなんていい企画(T_T)ってなりました。ほわほわしました。

結果的に3人が選ばれることになりましたけど私はこの人数でよかったと思います。

日本人には日本人いらないって言う人も多いですし韓国の方達にまず興味を持ってもらうのも日本人が多かったら取っ付きにくいなんてこともあるのかな、と思います。

まずは韓国からそして日本、世界に向けて発信して2年半後にはもっともっと大きくなってほしいと心から思います。

話題にもなっていますがその間HKT48からはエースの咲良と奈子がいなくなります。

でもHKT48って世間に発信する時に指原さんがいなかったら通用しないような部分があって正直咲良だってAKBにいるときですら「今のAKB知らないけど可愛い子いる」ってSNSで言ってもらえる程度です。

ただHKT48で指原さんより握手が売れているのは事実で痛手なことは間違いないです。

でもファンだからこそ私は選抜の2枠が空いたHKT48に期待したいです。その2枠に入ってほしいメンバーは2人におさまりません。

CDが出てもいつしか歌番組は2番組ほど。それもギリギリであるように見えてしまいます。夏と冬の音楽特番はとうとう呼ばれなくなったと言っても過言ではないです。

そんなHKT48から2人に飛躍するチャンスが貰えるなんて私は嬉しくて、その代わり2年半後にはたくさんのファンの人たちをHKT48に連れて帰ってきてほしいです。期待してます。

2人が1推しじゃないから、なんて言われたら返す言葉はないし推しに今までのような頻度では会えなくなる、というのがどんなに辛いことか置き換えることでしか想像が出来ないけどHKT48全体を見た時に2人のファンの人は待ってるんじゃなくて今まで通りついて行ってほしいなって思ってしまいます。気持ちの一方通行。わかる。ごめん。(?)

 

長々と書いてしまいましたがSNSで「プデュのおかげでAKB好きになった」なんて言っている方がいると凄く嬉しいし「嫌い」は少しでも少ない方が生きやすいんじゃないかな、と思うんです。私はそうだったので。

そのきっかけになったプデュはありがとうです!好き!

そしてメンバーのSNSのフォロワー数がぐんと増えてコメントも韓国語や英語やワールドワイドな仕様になってるのも号泣モノです。

YouTubeなどを見ていても既に48Gにたくさんの良い影響が来てるな、と思います!最高です!プデュに参加したメンバーちゃんたち本当にお疲れ様でした(T_T)

最後になりましたが私はこれからも48Gを応援するしIZ*ONEも追います!だからどうかより人気に!なってください!みんな可愛いよ!!!大好き!!!(笑)

 

ここまで読んでくださった方がいればありがとうございました、☺︎

最近ヨチンめちゃめちゃ聞いてるういでした